【PR】フレンチ・ラグジュアリーはどう表現されるか?…DSインタビューvol.2

自動車 ビジネス 国内マーケット

DS 4 クロスバック コンセプト
  • DS 4 クロスバック コンセプト
  • DSのデザインチーフを務めるティエリー・メトロス氏
  • DS ブース(フランクフルトモーターショー15)
  • DS 4 クロスバック コンセプト
  • DS 4 クロスバック コンセプト
  • DS 4 クロスバック コンセプト
  • DS 4 クロスバック コンセプト
  • DS 4 クロスバック コンセプト
ブランド誕生から60年、斬新なコンセプトと独創的なデザインで存在感を示してきたDS。2014年6月にはシトロエンから独立し、新たな道を歩みだした。

そのDSが掲げる「フレンチ・ラグジュアリー」というキーワードは、どのように体現されているのだろうか。デザインチーフを務めるティエリー・メトロス氏に話を聞いた。

----:DSのブランド性を示す際に「フレンチ・ラグジュアリー」という言葉が使われますが、それはどのように表現されているのでしょうか?

DSは、プレミアムブランドというより、フレンチ・ラグジュアリーブランドと表現したほうがいいかもしれません。ドイツやイタリアのラグジュアリーブランドとは明らかに異なった、フランス独自の美学を持つブランドということです。

特色は、他のフランスのラグジュアリーブランドのイメージと密接にリンクしているということですね。よく知られているものではルイ・ヴィトンやシャネルなどがありますが、こうしたブランドが見せる世界観をクルマで表現するものがDSだといえるでしょう。

それから、1955年に登場したオリジナルのDSを考えてみてください。とにかくお洒落で革新的なスタイルを持ち、そのうえいくつもの優れた技術的特徴を備えていました。そうしたDNAを引き継ぐ精神が、このブランドにはあるのです。

たとえば新しい『DS 5』や『DS 4』のヘッドランプ。LEDモジュールという最新の技術を使っていますが、ただ新しいだけではありません。合計84個のLEDを使うことで、そのフラグメント(断片)は高レベルなラグジュアリー感を漂わせています。

またインテリアでも、アイコニックな表現を心がけています。たとえばシート表皮にも特別なデザインを採用しています。実は腕時計の金属バンドのデザインを適用しているんですが、これは他のプレミアムブランドにはない、独特なものだと思っています。

DSは昔もいまも、革新的であることを重視しています。今回ワールドプレミアした『DS 4クロスバック・コンセプト』でも、ユニークな素材を採用しています。ドアミラーカバーやホイールのスポークには、天然の花崗岩をあしらっているんですよ。

またダッシュボードの70%以上をウッドで覆ったというのも、他には見られない表現ではないでしょうか。DSはアヴァンギャルド(前衛的)であることが個性であり、ここに価値があるのです。

■シトロエン・DS 東京モーターショー2015 出展車両紹介ページへ
《古庄 速人》

編集部おすすめのニュース

特集