日本ミシュラン、ヴェロ・ミシュラン第4弾「パリ・ボルドー」を発売…「パリ・ブレストミニ」も

エンターテインメント 話題

パリ・ボルドー
  • パリ・ボルドー
  • パリ・ブレストミニ
日本ミシュランタイヤは、ミシュラン・ライフスタイルから「ヴェロ・ミシュラン」シリーズ第4弾となる新シリーズ「パリ・ボルドー」と、昨年の発表から改良した「パリ・ブレストミニ」を12月から発売する。

「パリ・ボルドー」は、自転車全体のシルエットを重視したシティバイクとして、従来の「パリ・ブレスト」シリーズとは異なる細身のスチールチューブで組まれたダイヤモンドフレームや、専用開発したアップハンドルを採用した。ハンドルグリップ、サドルなどの部品にこだわり、前後輪3本のスポークにフランス国旗を模した青・白・赤の塗装を施す。街乗りに適した性能を持つタイヤ「ミシュラン・ダイナミック・クラッシック」を装着する。「時速20kmで最高の快適性」を感じることができる1台を目指した。

また、20インチの小径自転車「パリ・ブレストミニ」は、「パリ・ブレスト」シリーズのイメージを活かしながら、新たに小径車向けに適したフレームをデザインし、漕ぎ出しが軽く小回りが利くのが特徴。シリーズ初となるフロントライト装着モデルで、暗くなったら自動点灯するオートライトを装備する。

タイヤは濡れた路面でのグリップに優れ、パンクに強いタイヤ「ミシュラン・プロテック・アーバン」を装着する。

価格は「パリ・ボルドー」が5万2000円、「パリ・ブレストミニ」が7万円3000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集