米運輸省、タカタに最大2億ドルの制裁金…エアバッグ問題で

自動車 ビジネス 企業動向

タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
  • タカタのエアバッグリコール対象となっているホンダ アコード(資料画像)
米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は11月3日、タカタに対して最大2億ドル(約240億円)の制裁金を科すと発表した。

この制裁金は、タカタ製エアバッグのインフレータ(膨張装置)の不具合によるリコール(回収・無償修理)問題に対して、科せられるもの。タカタのエアバッグは、ガス発生剤の成型工程や成型後の吸湿防止措置が正しく行われず、密度が不足したガス発生剤が組み込まれた可能性がある。

これにより、エアバッグ展開時にインフレータ内圧が異常上昇。インフレータ容器が破損して飛び散り、出火や乗員が負傷する恐れがあるというものだった。

今回、NHTSAとタカタは、タカタがこのリコール問題に関する制裁金を支払うことで合意。合意の内容は、タカタが2020年10月末までに、7000万ドル(約85億円)を6回に分けて支払い。さらに、タカタが一定の義務に違反した場合、最大で1億3000万ドル(約155億円)の制裁金が上乗せされる。

NHTSAのアンソニー・フォックス長官は、「今日の行動は、この問題の解決と国民の安全を守るために、NHTSAが強い意思を示したもの」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集