首都圏最大規模のイベント、恒例の入間基地航空祭を今年も実施…11月3日

航空 エンタメ・イベント

航空祭の華…といったらブルーインパルス。今年も入間の空を飛びます。
  • 航空祭の華…といったらブルーインパルス。今年も入間の空を飛びます。
  • 例年30万人近い人が集まる入間基地航空祭。ブルーインパルスは基地の外でも見られるので、無理して入らなくとも大丈夫。
  • 今年からは基地内で流れる演目説明の実況放送をコミュニティFMでも流す試みを実施。
  • 周辺の商業施設では屋上駐車場を開放するところも。こういった場所も利用したい。
  • フライトを終えたパイロットたち。
  • 昨年は観客の間をハイタッチしながら戻った。今年はどうなるか。
  • 午前中は入間基地所在の部隊による飛行展示。別名「シルバーインパルス」と呼ばれるベテランパイロットの中にはブルーインパルス経験者もいる。
  • 輸送機C-1の編隊飛行が堪能できるのも入間のいいところ。
航空自衛隊・入間基地は恒例となった「入間基地航空祭」を11月3日に実施する。例年30万人近い来場者がある航空自衛隊でも最大規模のイベントで、午後からはアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」のフライトも予定されている。

入間基地は都心から電車(西武池袋線)で「乗り換えなくアクセスできる」という立地条件の良さや、開催日の3日がレジャー日和となる「晴れの特異日」ということもあり、ここ数年は30万人前後が訪れるという、首都圏でも屈指のイベントとなった。

ブルーインパルスが飛ぶのは午後1時以降だが、多くの観客はブルーインパルス目当てで訪れるため、正午あたりが混雑のピークとなる。この時間帯には入場制限が行われることもあるので注意が必要だ。飛行場地区は混雑するため、レジャーシートや脚立、踏み台等の使用も全面的に禁止されている。飛んでいるブルーインパルスは離れた場所からでも見られるため、基地では離れた場所からの観覧も推奨している。また、離れた場所からでも演目の内容がわかりやすいように、会場での実況アナウンスはコミュニティFM(FMチャッピー、77.7MHz)でも流すという新たな試みも実施する。

また、基地から退場する際に基地東側を通る西武新宿線の駅を利用するためのアクセスバスも午後から運行する。場内から狭山市駅と入曽駅に近いゲートまでの片運行となり、ゲートから駅までは徒歩15分程度でアクセスできる。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集