日産自動車の中間決算…大幅増益、通期営業利益を7300億円へ上方修正

自動車 ビジネス 企業動向

日産ゴーン社長(東京モーターショー15)
  • 日産ゴーン社長(東京モーターショー15)
  • 日産アルティマの2016年モデルの生産を、米国テネシー州スマーナ工場で開始
  • 日産 ローグ
日産自動車は11月2日、2015年4-9月期(第2四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は5兆9333億円(前年同期比+15.3%)、営業利益は3950億円(+50.8%)、経常利益は4277億円(+30.3%)、四半期純利益は3256億円(+37.4%) だった。

第2四半期連結累計期間のグローバル累計販売台数は、262万台(+1.3%)。日本やいくつかの新興市場で需要低迷があったものの、北米において『アルティマ』や『ローグ』などの販売が好調に推移。さらに西欧での『エクストレイル』や『キャシュカイ』などの需要が拡大したことで、販売および収益が改善した。

2015年度通期の見通しについては、新車攻勢の継続、コスト管理の徹底、アライアンス戦略の効果を織り込み、上方修正。売上高12兆2500億円(前回予測比+1500億円)、営業利益7300億円(+550億円)、経営利益7900億円(+250億円)、当期純利益は5350億円(+500億円)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集