国立天文台など、金属過剰を示す3つの太陽型周辺に5つの系外惑星を発見

宇宙 科学
2つの惑星を持つ太陽系外惑星系の想像図
  • 2つの惑星を持つ太陽系外惑星系の想像図
  • 今回発見された太陽系外惑星系の位置
  • 今回発見された太陽系外惑星系の位置
国立天文台、東京工業大学、イェール大学を中心とするグループが、岡山天体物理観測所の188cm望遠鏡とハワイのすばる望遠鏡、ケック望遠鏡を用いた観測でHD1605、HD1666、HD67087という金属量過剰を示す3つの太陽型星周りに合計で5つの系外惑星を発見した。

最初の観測は2004年から始まり、10年近くにわたってデータを集めたことで、最長で周期約2400日の長い周期を持つ惑星の検出に成功した。

こうした公転周期が長く、中心星から遠く離れた惑星は発見例も少なく、軌道が分かっているものが少ないため、これらの発見は長周期惑星の形成を理解するために重要な情報となる。

岡山観測所では、赤色巨星周りの系外惑星探索が大規模に行われているが、プロジェクトでは主に赤色巨星へと進化する前の主系列星周りで系外惑星探索を行っている。今回の結果は、岡山観測所188cm望遠鏡を用いた、最初の主系列星周りの惑星発見となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース