マセラティ、南ア市場に再参入…新型SUVは2016年投入

自動車 ビジネス 海外マーケット
マセラティのSUVコンセプト、クーバン。市販版はレバンテを名乗る
  • マセラティのSUVコンセプト、クーバン。市販版はレバンテを名乗る
  • マセラティのラインナップ
イタリアの高級車メーカー、マセラティは9月末、南アフリカ市場に再参入した。

マセラティは、現地のEAI(ヨーロピアン・オートモーティブ・インポート)社と、ディストリビューター契約を締結。南アフリカにおいて、再びマセラティ車の販売に乗り出した。

まずは、ヨハネスブルグなどに、合計16のディーラー&サービス拠点を開業。取り扱い車種は、『クワトロポルテ』、『グラントゥリーズモ』、『グランカブリオ』の3車種。

さらに2016年には、新型SUVの『レバンテ』も、発売する計画。

EAIマセラティ部門のグレン・シーレーCOOは、「南アフリカはマセラティにとって、可能性を秘めた市場」とコメントしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース