ウクライナ、乗用車に対する追加関税を廃止

自動車 ビジネス 海外マーケット
WTO(webサイト)
  • WTO(webサイト)
経済産業省は9月30日、ウクライナが乗用車に対する追加関税、セーフガード措置を廃止したと発表した。

ウクライナは、2013年4月14日から3年間のセーフガード措置として、乗用車のうち、排気量1000-1500ccに6.46%、1500-2200ccに12.95%の追加関税を課している。この措置により、日本からの直接の輸入だけで年間約19億円の追加関税が賦課されていた。

日本の要請により、2014年3月にWTO(世界貿易機関)紛争処理委員会(パネル)が設置され、パネル会合を経て、2015年6月にウクライナのセーフガード措置は、WTO協定に整合しないと判断したパネル報告書が公表された。

WTOの勧告に従い、ウクライナは9月12日に公表された官報に基づいて、9月30日から乗用車に対するセーフガード措置を廃止することとなった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集