南海電鉄、千代田車両工場を一般公開…10月24日

鉄道 企業動向

今年の「南海電車まつり」は10月24日に開催される。
  • 今年の「南海電車まつり」は10月24日に開催される。
  • 今回は「真田の赤備え」をモチーフにした2000系の装飾車両が展示される。
南海電気鉄道は10月24日、「鉄道の日」の記念イベント「南海電車まつり2015」を千代田工場(大阪府河内長野市)で開催する。開催時間は10時から16時(入場は15時30分)まで。

今回は11月1日から運行を開始する、2000系電車の装飾車両「南海・真田赤備え列車」を展示。さらに特急『ラピート』50000系電車の車内見学や、車体つり上げ実演などを含む工場内の見学もできる。千代田工場は高野線千代田駅から徒歩約10分。

これに先立ち10月1日からは、例年通り「鉄道の日記念コンパスカード」が南海電鉄各駅の窓口で発売される。今回は緑色の旧塗装を復刻した、特急サザンの10000系電車と7000系電車を券面にデザインする。発売額は1000円。発売期間は2016年3月31日までだが1万部の限定販売で、売切れ次第販売を終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集