南海特急「ラピート」、泉北高速鉄道線に直通…10月10日

鉄道 企業動向
南海電鉄と泉北高速鉄道は南海「ラピート」を使用した臨時直通列車を運転する。
  • 南海電鉄と泉北高速鉄道は南海「ラピート」を使用した臨時直通列車を運転する。
  • 泉北高速鉄道(写真)は南海電鉄と相互直通運転を行っているが、南海の関空アクセス特急『ラピート』で運用されている50000系が泉北高速鉄道線に通常乗り入れることはない。
南海電気鉄道と泉北高速鉄道の2社は10月10日、南海の難波駅(大阪市中央区)から泉北高速鉄道の光明池車庫(堺市南区)まで臨時直通列車を運転する。通常は難波~関西空港間で運用されている南海50000系電車「ラピート」の6両編成を使用する。

光明池車庫で当日行われる「鉄道の日」記念イベント「せんぼくトレインフェスタ2015」へのアクセス列車として運転するもの。運行時刻は難波9時10分発~光明池車庫9時47分着になる。光明池車庫に到着後は、他の車両に乗り換えて車両自動洗浄機の体験乗車を行う。「トレインフェスタ」への参加は10時30分以降となる。

乗車に際しては事前の申込みが必要で、募集人数は200人。参加費はレギュラーシートが大人2300円・子供1300円、スーパーシートが大人2500円・子供1500円になる。申込みは9月27日17時まで、南海電鉄のウェブサイトで受け付けている。

「トレインフェスタ」は10時から15時(入場は14時30分)まで開催。南海50000系「ラピート」を泉北高速鉄道「ハッピーベアル号」などと並べて展示する。このほか、車両撮影会や運転台などの見学、鉄道模型の展示、鉄道グッズの販売なども行われる。光明池車庫へは、泉北高速鉄道線の光明池駅から徒歩約10分。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集