【CEATEC 15】NEDO、2020年の社会を支える技術を紹介

自動車 ビジネス 企業動向
【CEATEC 15】NEDO、2020年の社会を支える技術を紹介
  • 【CEATEC 15】NEDO、2020年の社会を支える技術を紹介
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月7日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2015」に出展する。

今回の出展テーマは「2020年と、その先の社会を思い描く」で、次世代のインターフェースやディスプレイ、通信技術など、IT・エレクトロニクス分野の実用化事例を中心に展示、紹介する。

次世代通信技術としてGPSの届かない屋内や地下でも使えるヒューマンナビゲーション用ビーコンや、次世代ディスプレイとして紙のように薄くても割れにくい革新的シートディスプレイを紹介する。

また、10月8日には、今後の社会を支えるキーテクノロジーのIoT/CPS技術について、産学官の有識者による講演を行う。

このほか、災害対応ロボットのコンピューターシミュレーションの競技会「ジャパン・バーチャル・ロボティクス・チャレンジ(JVRC)」を展示会場内で開催する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集