ヤマハ発動機、セル生産方式に対応する多能工ロボット「YAシリーズ」を投入

自動車 ビジネス 企業動向

垂直多関節ロボット「YA-R5F」
  • 垂直多関節ロボット「YA-R5F」
  • 垂直多関節ロボット「YA-U20F」
  • 垂直多関節ロボット「YA-R6F」
ヤマハ発動機は、生産工程の多様な自動化ニーズに対応する垂直多関節ロボットの新製品「YAシリーズ」8機種を12月10日から販売すると発表した。

リニアコンベアモジュール、単軸ロボット、直交ロボット、スカラロボットを中心とした従来のラインアップにYAシリーズを追加することで、搬送・供給・組立・検査といった様々な生産工程で顧客ニーズにマッチしたソリューションを提案する。

YAシリーズは、高速・省スペースを追及、生産設備の生産性向上とダウンサイジングに寄与する垂直多関節ロボット。製品バリエーションではクラス最高レベルの各軸動作速度と高い手首負荷能力が特徴の6軸ロボット「YA-RJ」、「YA-R3F」、「YA-R5F」、「YA-R5LF」、「YA-R6F」、肘軸によって自在なアーム動作を可能とした7軸ロボット「YA-U5F」、「YA-U10F」、「YA-U20F」を設定。これらを新型コントローラ「YA-C100」で駆動制御する。

モノづくりの現場では、従来の小品種大量生産から多様な顧客ニーズに応える多品種少量生産へと移行しており、ライン生産方式もセル生産方式が主流となっている。これらモノづくりの変化に対応し、役割が1つの単能工ロボットから、複数の役割が求められる多能工ロボットへとニーズが変化している。

新製品多能工ロボットのYAシリーズは、セル生産方式などの高度自動化にも対応可能な製品となる。

YAシリーズは、12月2日~12月5日に東京ビッグサイトで開催される「国際ロボット展2015」に出展する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集