東武鉄道、日光線と鬼怒川線は連休前に全線復旧へ

鉄道 企業動向
東武鉄道の日光線と鬼怒川線は9月18日中に全区間再開する見通しとなった。写真は日光線新鹿沼~北鹿沼間の復旧作業。
  • 東武鉄道の日光線と鬼怒川線は9月18日中に全区間再開する見通しとなった。写真は日光線新鹿沼~北鹿沼間の復旧作業。
  • 東武鉄道の日光線と鬼怒川線は9月18日中に全区間再開する見通しとなった。写真は日光線下小代駅構内の復旧作業。
  • 東武鉄道の日光線と鬼怒川線は9月18日中に全区間再開する見通しとなった。写真は鬼怒川線新高徳~小佐越間の復旧作業。
  • 東武鉄道の日光線と鬼怒川線は9月18日中に全区間再開する見通しとなった。写真は鬼怒川線小佐越~鬼怒川温泉間の復旧作業。
  • 東武宇都宮線の全区間再開は未定。写真は橋りょうが流出した安塚~西川田間。
東武鉄道は9月15日、関東・東北地方を襲った豪雨の影響で運休中の路線のうち、日光線新鹿沼(栃木県鹿沼市)~下今市(日光市)間20.6kmと鬼怒川線下今市~新藤原(日光市)間16.2kmを9月18日中に再開すると発表した。

これにより両線は、シルバーウィーク前に全区間で運転を再開する。両線とも再開時刻などは後日案内される。翌19日からは臨時列車を除き、平常通りの運転が予定されている。

橋りょうが流出した宇都宮線の安塚(壬生町)~西川田(宇都宮市)間3.5kmの再開時期は現在も未定。東武鉄道は「早期の復旧、運転再開を目指し、復旧作業を行っております」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集