JR東日本、磐越西線郡山~喜久田間に新駅設置…2017年春開業目指す

鉄道 企業動向

郡山富田駅から隣接駅までの距離。2017年春頃に開業する。
  • 郡山富田駅から隣接駅までの距離。2017年春頃に開業する。
JR東日本仙台支社は9月15日、磐越西線郡山~喜久田間(福島県郡山市)に設置する新駅について、国土交通省東北運輸局からこのほど認可を受けたと発表した。2017年春頃の開業を予定している。

同支社の発表によると、駅名は「郡山富田(こおりやまとみた)」。隣接駅からの営業距離は、郡山駅からが3.4km、喜久田駅からが4.5kmになる。駅員のいない無人駅で、ホームは6両編成に対応した桁式1面1線。上屋は3両分設置する。待合室と倉庫を設けるほか、駅施設として交通広場と駐輪場、公衆トイレ、こ線人道橋も整備される。

郡山喜久田駅は、郡山市内の内環状線道路と磐越西線の交差部東側に設けられる。郡山市によると、沿線住民のほか奥羽大学や奥羽大学歯学部附属病院、郡山北工業高校等への通勤・通学・通院利用が見込まれるという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集