JAXA、観測ロケットS-520-30号機の打ち上げに成功

宇宙 テクノロジー

2012年の観測ロケットS-520-28号機(参考画像)
  • 2012年の観測ロケットS-520-28号機(参考画像)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は9月11日、観測ロケットS-520-30号機を内之浦宇宙空間観測所から打ち上げたと発表した。

観測ロケットS-520-30号機は、「酸化物系宇宙ダストの核生成過程の解明」を目的としたロケットで、9月11日20時00分00秒に打ち上げ、正常に飛翔して打ち上げ53秒後に観測を開始、打ち上げ55秒後に小型姿勢制御装置による制御開始して、打ち上げ550秒後に内之浦南東海上に無事に着水した。

打ち上げ時の天候は晴れ、北西の風2.0m/秒、気温23.9度だった。最高到達高度は打ち上げから283秒後の312km。

これによって2015年度第一次観測ロケット実験は終了となった。

今回のS-520-30号機の実験では、酸化物系宇宙ダストの核生成過程を解明することを目的に、ロケットの弾道飛行による微小重力環境下で酸化物を蒸発させ、その後凝縮する酸化物粒子が生成し成長する過程を直接測定した。測定には、二波長干渉計、浮遊ダスト赤外スペクトルその場測定装置を使用した。

今後、各大学で詳しい解析が実施される予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集