【フランクフルトモーターショー15】シュコダ スペルブ に「スポーツライン」…スポーティ性を強化

フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは9月4日、新型『スペルブ』に「スポーツライン」を設定すると発表した。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。

自動車 ニューモデル 新型車
シュコダ スペルブ スポーツライン
  • シュコダ スペルブ スポーツライン
  • フランクフルトモーターショーで同時に公開するシュコダ ラピッド モンテカルロ
  • フランクフルトモーターショーで同時に公開するシュコダ スペルブ 新型のグリーンライン
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは9月4日、新型『スペルブ』に「スポーツライン」を設定すると発表した。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。

新型スペルブは2015年3月、ジュネーブモーターショー15で、3世代目モデルとしてデビュー。シュコダの最上級車に位置付けられる。

フランクフルトモーターショー15で初公開されるスポーツラインは、新型スペルブのスポーティ仕様。ハッチバックとワゴンの「エステート」の両ボディに設定される。

外観は、18または19インチのアルミホイールを装備。ダークガラスも採用された。スポーツサスペンションにより、車高は15mmダウン。

室内では、3本スポークのスポーツステアリングホイールとシフトレバーがレザー製に。スポーツシートは、専用シートカバー付き。アルミペダルやカーボン調パネルも奢られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集