戦前のクラシックカーがサーキットを疾走…TBCCシーズン3 第2戦[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
  • MG L-TYPE マグナ(1935)
9月6日に開催されたTokyo Bayside Classic Cup(TBCC)の第2戦(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)では、戦前車のビンテージクラスが設けられた。主催はTBCC事務局。

昨年まで、戦前車が走ることが出来るイベントは年に3回ほど筑波サーキットなどで開催されていた。しかし、今年に入ってそのイベントが休止になってしまったため、戦前車がサーキットを走るイベントが消滅。そこで、TBCC事務局が今回から開催を決定した。以降定期的に開催していくとのことだ。

TBCCとして初開催となったビンテージクラスには7台が参加。ラゴンダやMG、ライレーなどの英国車のみであったが、次回以降はブガッティやアルファロメオなどの参加も期待される。

次回は袖ヶ浦フォレストレースウェイにて12月13日に開催予定。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集