【トライアル世界選手権 第8戦】トニー・ボウ、9度目のタイトル獲得

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
  • トニー・ボウ(ホンダ)
トライアル世界選手権シリーズ第8戦・ポルトガルGPが9月5日・6日、パソス・デ・フェレイラで開催され、トニー・ボウ(ホンダ)がダブルウインで9度目のタイトルを獲得した。

前戦アメリカ大会の終了時点で、ランキング2位のアダム・ラガ(ガスガス)に対して34ポイントの差を築いていたボウ。最終戦を前に、そのポイント差を40点にまで広げれば、その時点で、ボウの9度目のタイトルが決定する。

決勝1日目、ボウの足つき減点は、1ラップ目の第2セクションの1点のみ。これに2つのタイムオーバー減点が加わり、トータルで3点減点だったが、36セクションのうち、35セクションをクリーン。ラガに7点差をつけて、今シーズン12勝目を飾った。この勝利で、ボウのポイントリードは37点。日曜日の戦いで、ラガに対してもう3点のリードを広げられれば、9度目のタイトルが決定する。

決勝2日目、1ラップ目に6点の減点を取ったボウだったが、ラガは10点の減点。2ラップ目、ボウは12セクションすべてをクリーン。ラガは2点減点。3ラップ目もオールクリーンしたボウは、1ラップ目の減点6のままフィニッシュ。ラガにダブルスコアをつけて、今シーズン13勝目を挙げるとともに、自身9度目の世界タイトル獲得した。

■決勝1日目
1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
2位:アダム・ラガ(ガスガス)
3位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)
4位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)
5位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)
6位:ホルヘ・カサレス(ベータ)

■決勝2日目
1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)
2位:アダム・ラガ(ガスガス)
3位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)
4位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)
5位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)
6位:ホルヘ・カサレス(ベータ)

■ポイントスタンディング
1位:トニー・ボウ(モンテッサ・ホンダ)311P
2位:アダム・ラガ(ガスガス)268P
3位:ジェロニ・ファハルド(ベータ)220P
4位:アルベルト・カベスタニー(シェルコ)205P
5位:藤波貴久(モンテッサ・ホンダ)181P
6位:ハイメ・ブスト(モンテッサ・ホンダ)164P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集