【IFA 2015】世界最大級の家電見本市が開幕…ソニー、パナソニックなど1645社

エンターテインメント イベント

コンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2015」がドイツ・ベルリンで開幕
  • コンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2015」がドイツ・ベルリンで開幕
  • 最寄り駅の「Messe Sud」から会場に向かう来場者
  • パナソニックの看板も
  • サムスンがブースを構える「CityCube」
  • インフォメーションカウンターも設置
  • 早朝から駆けつける来場者たち
  • 会場内では冊子も配布
  • 「IFA 2015」は現地時間9日まで開催
 世界最大級のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2015」が現地時間4日、ドイツ・ベルリンで開幕した。

 「IFA」は今年で91年目を迎える歴史あるイベントで、例年ドイツ・ベルリンで開催される。9日までの会期中は、ITやモバイルをはじめ、オーディオビジュアル、白物家電などの最新技術や製品が世界各国から集まったメーカーによって展示される。

 日本からはソニーやパナソニックなど大手メーカーが参加する。すでに2日よりプレスカンファレンスがスタートしており、ソニーが新Xperiaとなる「Xperia Z5」シリーズ3機種やサムスンが新型スマートウォッチ「Gera S2」を発表するなど、開幕前から盛り上がりを見せている。

 また、今年は「IFA TechWatch」に欧州を中心にしたスタートアップ企業が多く出展するほか、「フィットネス&アクティビティ」のコーナーではウェアラブル関連の製品や技術も登場するという。

 なお、今年は出展社が昨年比7%増の1,645社、出展面積が昨年比0.3%拡大の15万平方メートルとなる。

【IFA 2015】開幕! ソニー、パナソニックなど1,645社が出展

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集