西武鉄道、外国人留学生を西武新宿駅に配置…訪日客を案内

鉄道 企業動向
訪日客の案内を行う外国人留学生。8月1日から西武新宿駅に配置される。
  • 訪日客の案内を行う外国人留学生。8月1日から西武新宿駅に配置される。
  • 外国人留学生による案内は西武新宿駅の改札口付近などで行われる。写真は西武新宿駅のホーム。
西武鉄道は7月30日、外国人留学生による多言語案内を西武新宿駅(東京都新宿区)で実施すると発表した。西武グループのインバウンド施策の一環。8月1日から同駅のお客さまご案内カウンターや改札口付近で実施する。

同社によると、対応言語は英語・中国語・韓国語・日本語の4カ国語。台湾・中国・韓国からの留学生のうち1人を配置する。川越や秩父など西武線沿線の観光地を訪日外国人客に案内するほか、切符の購入なども駅員に通訳することでスムーズに行えるようにするという。案内時間は8時から13時まで。

西武鉄道は今後、池袋駅のリニューアル工事に合わせて設置する訪日客向けのツーリストインフォメーションセンターでも、外国人スタッフによる案内を実施する予定としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 西武鉄道、西武秩父駅に露天風呂を整備…2017年春オープン 画像 西武鉄道、西武秩父駅に露天風呂を整備…2017年春オープン
  • 西武鉄道の訪日外国人向け切符、駅でも発売 画像 西武鉄道の訪日外国人向け切符、駅でも発売
  • 西武鉄道の「観光電車」、来春以降に運行開始へ…4000系を改造 画像 西武鉄道の「観光電車」、来春以降に運行開始へ…4000系を改造
  • 西武グループと台湾鉄路、友好協定を締結…京急と「3者連携」も検討 画像 西武グループと台湾鉄路、友好協定を締結…京急と「3者連携」も検討

特集