ダイハツ第1四半期決算…営業利益35.7%減、軽市場の落ち込み影響

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ タント
  • ダイハツ タント
  • ダイハツ久留米工場(資料画像)
ダイハツ工業は7月30日、2015年4-6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は4121億円(前年同期比-4.0%)、営業利益は161億円(-35.7%)、経常利益は207億円(-29.8%)、四半期純利益は54億円(-60.9%)だった。

第1四半期累計期間の連結売上台数は、32万3000台(-11.4%)。内訳は国内が10万8000台(-22.8%)、海外が10万7000台(+7.1%)、受託・OEMが10万9000台(-13.3%)だった。

軽自動車増税、エコカー減税見直しにより軽市場は減衰し、同社の軽販売にも影響。海外事業は前年を上回る利益を確保したものの、連結全体としては減収減益となった。

通期業績見通しについては、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース