ヤマハ発動機のパフォーマンスダンパー、レクサス IS に採用

自動車 ビジネス 国内マーケット
パフォーマンスダンパー
  • パフォーマンスダンパー
  • パフォーマンスダンパー
  • レクサス IS
  • レクサス IS
ヤマハ発動機は、車両用車体制振ダンパー「パフォーマンスダンパー」が、7月23日に発表されたレクサス『IS』(HV・AWDを除く)に採用されたと発表した。

パフォーマンスダンパーがレクサス車に搭載されるのは、『CT200h(バージョンL/C、F SPORT)』『RX450h/350(F SPORT)』『HS250h』『NX300h/200t(F SPORT)』に次いで5車種目。

パフォーマンスダンパーは、乗用車の前後主要部に設置する車体制振ダンパーで、走行中の車体のごくわずかな変形や振動を穏やかに整え吸収する。2000年に基本概念を発案後、2004年4月に量産品として初めて採用され、以降さまざまな車種において操縦安定性や快適性の向上に寄与している。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース