総務省、EVのワイヤレス充電に関する技術的条件を策定

自動車 社会 行政
IHIのワイヤレス充電システム。実際には車体の前後方向から送電コイルの上に駐車する
  • IHIのワイヤレス充電システム。実際には車体の前後方向から送電コイルの上に駐車する
総務省の情報通信審議会・情報通信技術分科会・電波利用環境委員会は、「電気自動車用ワイヤレス電力伝送(WPT)システムに関する技術的条件」について委員会報告(案)をまとめた。

電気自動車(EV)などで、無線技術によって迅速、容易に充電することを可能としたワイヤレス電力伝送システムを導入するニーズが高まっている。電波利用環境委員会は、ワイヤレス電力伝送システムの実用化、普及促進を図るため、他の無線機器との共用、安全性を確保した上で、簡易な手続きを導入するために必要な技術的条件を検討してきた。

この結果、EV用WPTシステムの周波数は79kHz~90kHzとし、伝送電力は最大7.7kWとする。CISPR規格を基本的に適用するため、EVはCISPR(Ed.5.5)グループ2の規格値が適用される。将来関係する国際標準化の進展や周波数共用条件の変更に伴って見直すことにしている。

総務省では、今回の報告について一般からの意見を募集する。期間は6月25日まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集