【ホンダ シャトル 発売】大切な物が置ける“秘密の棚”…ホテルのクロークにヒント

ホンダが5月15日に発売した新型ステーションワゴン『シャトル』には、マルチユースバスケットと名付けた小物などが置けるスペースをリアのシートバックに備えている。バックなど床に置きたくないものを載せられるもので、使わないときは折りたたむこともできる。

自動車 ニューモデル 新型車
ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • ホンダ シャトル
  • 本田技術研究所 四輪R&Dセンター 磯貝尚弘 主任研究員
ホンダが5月15日に発売した新型ステーションワゴン『シャトル』には、マルチユースバスケットと名付けた小物などが置けるスペースをリアのシートバックに備えている。バックなど床に置きたくないものを載せられるもので、使わないときは折りたたむこともできる。

シャトルの開発責任者を務める本田技術研究所四輪R&Dセンターの磯貝尚弘主任研究員は、「ラゲッジを真剣にやろうと決めた。ただそれだけでは綺麗とか、でかいというだけのラゲッジになってしまうので、どこかにヒントはないのかということで、ホテルマンの方に何か“ワォ”になったようなラゲッジはないか調査した」と明かす。

そこで「チェックインの時に当たり前のようにあるバックを置く棚。こんなような場所があったらいいよね、バックというのはその人の大事な物なので、床には置きたくないよねというところは、ひとつ何か車に入れられれば」とのヒントを得たという。

こうして生まれたマルチユースバスケットは「潰れてほしくないもの、大事なものを置ける場所として今回設定した。開いた時に大事なものを置くので、底の部分は柔らかい方が良いということで合皮を入れている。サイドはネットをいれている。畳んだ際の背面もカーペット素材を回しこんで、見た目も良いように仕立てた」と磯貝氏は話していた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集