新車登録台数、プラスはマツダとスバルのみ…3月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダ デミオ
  • マツダ デミオ
  • スバル レガシィ B4
日本自動車販売協会連合会が発表した3月のブランド別新車登録台数(軽を除く)によると、全13ブランドで前年同月実績を上回ったのはマツダとスバルのみだった。

4位マツダは前年同月比9.5%増の2万7410台、5位スバルは同12.4%増の2万2059台だった。

首位トヨタは同14.5%減の17万8779台、2位日産は同21.3%減の5万3289台、3位ホンダは同22.8%減の4万7040台。トップ3はいずれも2ケタの大幅減となった。

1位:トヨタ 17万8779台(14.5%減)
2位:日産  5万3289台(21.3%減)
3位:ホンダ 4万7040台(22.8%減)
4位:マツダ 2万7410台(9.5%増)
5位:スバル 2万2059台(12.4%増)
6位:スズキ 1万0908台(8.6%減)
7位:いすゞ 1万0829台(8.9%減)
8位:日野  9242台(1.1%減)
9位:レクサス 5290台(18.2%減)
10位:三菱自動車 5281台(24.1%減)
11位:三菱ふそう 6364台(14.1%減)
12位:UDトラックス 1506台(18.4%減)
13位:ダイハツ 187台(23.0%減)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集