H-IIAロケット27号機、1月29日の打ち上げを中止…氷結層を含む雲の発生で

宇宙 テクノロジー

氷結層を含む雲の発生でH-IIAロケット27号機の打ち上げを中止(画像:JAXA)
  • 氷結層を含む雲の発生でH-IIAロケット27号機の打ち上げを中止(画像:JAXA)
三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、H-IIAロケット27号機(H-IIA・F27)の1月29日の打上げを中止したと発表した。

情報収集衛星レーダ予備機を搭載したH-IIAロケット27号機は1月29日10時21分に、種子島宇宙センターから打上げを予定していた。しかし、打上げ時間帯にかけて射場近辺に規定以上の氷結層を含む雲の発生が予想されることから、打上げを中止した。

氷結層を含む雲は、ロケットが雷を誘発して発生し、電子機器などが影響を受けて正常な飛行ができなくなる可能性があるため。

新たな打上げ日は、今後の天候状況などを踏まえ、決定するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集