4.5型狭額縁「AQUOS SERIE mini」、キッズスマホ「miraie」…au春モデル

エンターテインメント 話題

幅63mmで片手で操作しやすく、エモパーも搭載した4.5型「AQUOS SERIE mini」
  • 幅63mmで片手で操作しやすく、エモパーも搭載した4.5型「AQUOS SERIE mini」
  • AQUOS SERIE mini
  • キッズ向けスマートフォン「miraie」。カラーはピンクソーダ/メデオブルー/シトラスホワイトの3色
  • 防犯ブザーは本体側面に設置
 KDDIは26日、au2015年春モデルとして発表した「AQUOS SERIE mini」(シャープ製)を29日、「miraie」(京セラ製)を30日に発売すると発表した。

 「AQUOS SERIE mini」は、狭額縁の「EDGEST」を採用することで幅63mmのボディで片手操作に対応する4.5型のIGZO液晶搭載Androidスマートフォン。ディスプレイが4.5インチフルHD(1920×1080ピクセル)、OSがAndroid 4.4、プロセッサはMSM8974AB(2.3GHz)、メモリ2GB、ストレージ16GBとコンパクトながらハイスペックモデルとなっている。カメラは1310万画素/130万画素。auの端末で初めて人工知能「エモパー」が加わった。一括払いの場合の価格は68,040円。毎月割を適用し、2年間利用した場合の実質負担額は32,400円。

 「miraie」は、防犯ブザーを標準搭載した小学校高学年を対象にしたキッズ向けスマートフォン。ディスプレイは4.5インチ(960×540ピクセル)、OSはAndroid 4.4、1.2GHz駆動のクアッドコアプロセッサ、メモリ1.5GB。ストレージ8GBを備える。カメラは800万画素/200万画素。

 Google Playには非対応。webフィルタリング、使用時間制限、アプリ・電話帳制限などの安心機能を備える。メールやブラウザでの文字入力の際に「不適切な言葉」が入力された際には注意が表示され、「不適切な言葉」の入力履歴を確認することができるなどの機能も搭載する。一括払いの場合の価格は38,880円。毎月割を適用し、2年間利用した場合の実質負担額は0円。

【au2015年春モデル】「AQUOS SERIE mini」を29日、「miraie」を30日に発売

《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集