シュコダ 世界新車販売、12.7%増の104万台…初の100万台超え 2014年

自動車 ビジネス 海外マーケット

シュコダ・オクタビア
  • シュコダ・オクタビア
  • シュコダの新型セダン、ラピッド
  • シュコダ ファビア
  • シュコダ イエティ
フォルクスワーゲングループに属し、チェコに本拠を置くシュコダは、2014年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は、初の100万台超えとなる103万7200台。前年比は12.7%増と、2桁増を達成している。

市場別では、信用不安から抜け出した西欧が回復。西欧全体の2014年実績は、41万3200台。前年比は11.8%増と、2桁の伸び率。とくに、英国は15.1%増の7万6000台、ドイツが9.6%増の14万9500台と伸びた。

また、中国は前年比24%増の28万1400台と、過去最高。その一方、インドは31.4%減の1万5500台と大幅な前年割れ。ロシアも2014年は8万4400台にとどまり、前年比は3.5%減と落ち込む。

車種別では、主力の『オクタビア』が前年比8.3%増の38万9300台と、牽引。新型セダンの『ラピッド』が、113.3%増の22万1400台で、これに続いた。以下、『ファビア』が20.5%減の16万0500台。『イエティ』が24.8%増の10万2900台など。

シュコダ取締役会のビンフリート・ファーラントCEOは、「年間の世界販売台数が100万台を超えたのは、119年の歴史で初めて」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集