明るさ検知し自動で調光・消灯…パナソニックLEDシーリングライト

エンターテインメント 話題

LEDスポット光ユニットは手動で可動できるようになっており、任意の場所にスポット照明を当てることができる。写真は「HH-LC714A」(画像はプレスリリースより)
  • LEDスポット光ユニットは手動で可動できるようになっており、任意の場所にスポット照明を当てることができる。写真は「HH-LC714A」(画像はプレスリリースより)
  • 最近では自宅の照明を絶やさないことで防犯効果を狙う取り組みもあるので調光機能付きの照明は、エコかつ節約ができるのでありがたい(画像はプレスリリースより)
 パナソニックはLEDシーリングライト4機種を2月20日より販売開始する。

 本体外周部に角度調節ができるLEDスポット光を3灯搭載、明るさを検知して自動で調光・消灯する機能などを搭載。LEDスポット光とシーン切り替えのパターンを組み合わせることで、多彩な演出効果を備えている。

 製品は適用畳数が12畳までと8畳までの2種類、枠のデザインが2種類の計4機種となる。月産台数は3000台を見込む。LEDシーリングライト市場は、同社の調べでは家庭照明のLED置き換え率が2014年度末で13%に到達。2015年度は前年度と同数の740万台の需要が見込まれている。

 昨今では、不在時や就寝中などに自宅の照明を付けておくことで防犯効果を狙う取り組みも行われているので、調光機能付きの照明はそうした用途にも最適なアイテムと言える。

パナソニックからLEDシーリングライト4機種が登場

《小菅@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集