【デトロイトモーターショー15】アルファロメオ 4C スパイダー に市販版…「パフォーマンスはスーパーカーレベル」

自動車 ニューモデル 新型車

アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
  • アルファロメオ 4C スパイダー(デトロイトモーターショー15)
2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15。イタリアのアルファロメオのブースの主役は『4Cスパイダー』の市販モデルが務めた。

アルファロメオは2014年3月、ジュネーブモーターショー14に、4Cスパイダーの「デザインプレビュー」を出品。同車は、アルファロメオの新しい小型2シーターミッドシップスポーツカー、『4C』に加わるオープンバージョンを示唆したコンセプトカー。デトロイトモーターショー15では、その市販版がベールを脱いだ。

ルーフは、クーペからの重量増を抑えるために、一般的なソフトトップを採用。アルミホイールは、クーペと異なる新デザイン。ボディサイド後方には、エアインテークが装備された。刺激的な音を奏でるAkrapovic製のエグゾーストをオプション設定。

パワートレインはクーペと共通。ミッドシップには、排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンを搭載。最大出力237hp、最大トルク35.7kgmを発生する。トランスミッションは、TCTと呼ばれるデュアルクラッチ。0-96km/h加速は4.1秒のパフォーマンスを実現する。「アルファDNA」と呼ばれるセレクターで、ドライブモードは4種類に切り替えが可能。

デトロイトモーターショー15のプレスカンファレンスには、北米アルファロメオのレイ・ビッグランド代表が登場。「クーペに続いて、2015年モデルとしてスパイダーを追加する。ブランドの商品ラインナップを拡大し、アルファロメオの基盤構築に向けた使命を遂行していく。4Cスパイダーは、クーペ同様、スーパーカーレベルのパフォーマンス」と述べ、自信を示している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集