国土交通省、ユーザー車検状況の調査へ…「後車検」実施ユーザーを対象に

自動車 社会 行政

オートバックス車検
  • オートバックス車検
国土交通省は、「後車検」でユーザー車検を受けたユーザーに対して、自動車の点検整備に関するアンケート調査を実施すると発表した。

車検では、指定整備工場(民間車検場)や認証整備工場(自動車分解整備事業者)がユーザーに代わって申請するケースと、ユーザー自身やユーザーから依頼を受けた車検代行業者が申請するケース(ユーザー車検)がある。ユーザー車検では、定期点検整備の実施前に検査を受ける前検査と、定期点検整備の実施後に検査を受ける後検査がある。

後検査では、整備士などでなければ、ブレーキなどの重要装置を分解して点検整備することができないため、ユーザー車検代行業者などの受検では、部分的な点検にとどめながら、車検時には点検整備実施済みと偽って申告し、後検査として受検している場合がある。今回の調査では、誰がどのような点検整備を実施しているのかなど、実態を把握するため、アンケートを実施する。

アンケートを実施するのは、ユーザーの自動車保守管理に関する意識向上と、点検整備推進をはじめとした、今後の国土交通行政の参考とすることを目的に、後検査を受けた自動車の市場での点検整備の実態について調査するのが目的。

対象となる自動車ユーザー自身が点検整備記録簿を直接確認するなど、点検整備の実施状況について再確認することで、点検整備の重要性を認識してもらう狙いもある。

アンケートの対象は、昨年10月にユーザー車検(本人受検または代行受検)の形態で継続検査を受検した自動車のうち、点検整備記録簿を提示して受検した自動車の使用者を無作為に抽出し、アンケートハガキを送付する。

実施期間は1月下旬から2月中旬。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品