ゼンリンデータコム「いつもNAVI 動態管理サービス for 送迎バス」をバージョンアップ

自動車 ビジネス 企業動向

ゼンリンデータコムは、クラウド型バスロケーションシステム「いつもNAVI 動態管理サービス for 送迎バス (通称:くるんとバス)」を1月22日にバージョンアップした。


くるんとバスでは、バスに搭載したスマートフォンのGPSによる位置情報を基に、導入した施設側が運行情報を把握。登録済ユーザーへバスの到着案内メールを配信できるほか、管理者PCからは送迎バスのルート作成などもできる。幼稚園や保育園、各種スクールバスなどに利用できる。

今回のバージョンアップでは、自動更新間隔と地図の表示・非表示を設定可能とし、通信量を抑制。格安スマホやSIMカードでも快適に利用できるようにした。また、ルート、バス停、予約状況などに応じた、より細やかな情報をメールで配信できるようにした。

さらに、作成したデータを基にした、新たなバス停の作成やルート作成が可能になったほか、Android 5.0 に対応した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集