新日鉄住金、水素ステーション向けステンレス鋼を開発…強度は既存の約2倍

自動車 ビジネス 企業動向

左がSUS316L、右2本がHRX19の製品写真
  • 左がSUS316L、右2本がHRX19の製品写真
  • 水素ステーション(参考画像)
新日鉄住金と日鉄住金ステンレス鋼管(NSSP)は、従来のものより約2倍の強度を持つ水素ステーション向け高圧水素用ステンレス鋼「HRX19」を開発したと発表した。

HRX19は、新日鉄住金が開発した高強度オーステナイトステンレス鋼で、素材から最終製品まで一貫した品質保証体制のもとで製造する。また、既存材SUS316Lに比べて約2倍の強度を持ち、薄肉化できるほか溶接施工法を適用でき、耐水素脆性も実現していることから水素ステーション建設のコスト削減、保全性・安全性向上に貢献するとしている。

HRX19は、岩谷産業や東京ガスなどの商用水素ステーションを始め、既に複数の水素ステーションに採用されている。

また、2月25日~27日に東京ビッグサイトで開催される「FC EXPO 2015第11回国際水素・燃料電池展」にHRX19を出展する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集