トヨタ、15年の中国販売は過去最高の110万台を計画

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタ カローラ(北京モーターショー2014)
  • トヨタ カローラ(北京モーターショー2014)
  • トヨタ カローラ(中国仕様)
  • トヨタ レビン(北京モーターショー14)
トヨタ自動車は1月21日、2015年のグローバルでの生産・販売計画などを発表した。同社(トヨタおよびレクサスブランド)のグローバル販売は前年比0.4%増の918万台と、ほぼ横ばいの計画とした。

このうち販売環境が悪化する国内は7%の減少としたものの、海外は2%増の773万台を計画している。主要国・地域では最大の販売先である米国が3%増の244万台、欧州が前年並みの89万台程度、中国は7%増の110万台などとしている。

中国は昨年、年初計画には届かなかったものの新型『カローラ』の好調などにより、前年比12.5%増の103万2400台と、初めて100万台を突破した。今年は現地で主要コンポーネントを開発したハイブリッド車(HV)の市場投入も計画されており、前年に続く最高記録をめざしていく。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集