四国鉄道文化館で保存のDF50を清掃…1月24日

鉄道 企業動向

JR四国は1月19日、四国鉄道文化館(愛媛県西条市)で展示保存しているDF50形ディーゼル機関車(DF50 1)の清掃を実施すると発表した。実施日時は1月24日の11時30分から13時まで。

DF50形は1957年から1963年にかけて138両が製造されたディーゼル機関車。ディーゼルエンジン発電機で発電した電力でモーターを駆動する電気式を採用した。既に全車が引退しているが3両だけ保存されており、トップナンバーの1号機は1983年の営業運転終了後、多度津工場で保管。2007年11月から四国鉄道文化館で展示されている。

今回の清掃は鉄道模型クラブを中心とした有志により行われるもので、床下機器のちり取りや磨き出し、運転室内の拭き掃除、ガラス磨き、銘板類の磨き出しが行われる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集