DHLジャパン、Jリーグ・浦和レッズのパートナーシップ契約を2年間更新

自動車 ビジネス 企業動向

DHLジャパンは、Jリーグサッカークラブチームの浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)と2年間のトップパートナーシップ契約を更新し、2016年シーズンまで同チームを継続してサポートすると発表した。

DHLジャパンでは、今回の契約延長により、同チームの国内公式試合ユニフォームショーツとプラクティスウェア(練習着)の背面や浦和レッズのホームスタジアムである埼玉スタジアムにDHLロゴが掲出される。

DHLジャパンは、浦和レッズが日本勢として初めて優勝をしたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場へのサポートとして2007年2月からサポートを開始、2009年2月からは国内のJリーグ公式試合をサポートしている。

DHLジャパンでは、DHLが持つスピード、チームワークといったコアバリューが浦和レッズのチームスピリッツに通ずることから、継続した支援を行うとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集