パトカーの追跡を受けていた少女2人乗りバイク、電柱に突っ込む

自動車 社会 社会

11日午前7時5分ごろ、茨城県ひたちなか市内の市道で、パトカーの追跡を受けていた2人乗り原付バイクが道路左側の歩道に乗り上げ、そのまま前方の電柱に衝突する事故が起きた。この事故で15歳の女子中学生2人が死傷している。

茨城県警・ひたちなか西署とひたちなか東署によると、現場はひたちなか市中根付近。同市内をパトロールしていた東署のパトカーが赤信号を無視して交差点を右折進行していた2人乗り原付バイクを発見。停止を命じたが、バイクはこれを無視して逃走した。

パトカーはそのまま約600mに渡って追跡。逃げるバイクに追いついたため、停止するように再度命じたところ、バイクは道路左側の歩道へ進入。直後に歩道内に設置されていた電柱に衝突した。

衝突によってバイクは転倒。バイクには同市内に在住する15歳の女子中学生2人が乗車しており、このうち運転していた方の中学生が出血性ショックが原因でまもなく死亡。後部に同乗していた中学生が頭部強打の重傷を負った。運転者はヘルメットを着用していたが、同乗者は着用していなかった。

免許取得年齢に満たないため、死傷した2人とも無免許の状態だった。警察はバイクの入手経路の特定を急ぐとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品