ヤマハ、 ジョグCE50 シリーズの2015年モデルを発売…全5カラー設定

モーターサイクル 新型車

ヤマハ発動機は、原付1種スクーター『ジョグCE50』シリーズの2015年モデルを2月14日から発売すると発表した。

2015年モデルでは、明るい新色の「ライトイエローイッシュグレーメタリック9」(ゴールド)など、全5色を設定する。このうち、「ブラックメタリックX」と「シルバー3」は、ホイールをブラック塗装とし、各色ともシートはステッチ仕様とする。

また、ジョグCE50をベースに、前輪ディスクブレーキとアルミホイールを採用するデラックス仕様の「ジョグCE50D」は、前輪にゴールドのブレーキキャリパー、シートにはステッチを採用する。

リアスポイラーなどスポーティな装備を備える「ジョグCE50ZR」は、新色に「パープリッシュレッドメタリック2」(ピンク)と、「ラジカルホワイト」(ホワイト)を設定し、「マットブラック2」(マットブラック)を継続設定、それぞれボディ色とホイールの調和を図り、ゴールドのブレーキキャリパーを新たに採用する。

製造はヤマハモーター台湾で行う。

年間販売計画は4万台。価格はジョグCE50が16万0920円、CE50Dが17万3880円、CE50ZRが19万4400円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集