日本郵船、「郵船みらいプロジェクト」で小中学生などに船員の魅力をアピール

船舶 企業動向

日本郵船が商船系の学生を招いて新来島どっく大西工場で建造船の見学会を実施
  • 日本郵船が商船系の学生を招いて新来島どっく大西工場で建造船の見学会を実施
  • 日本郵船が商船系の学生を招いて新来島どっく大西工場で建造船の見学会を実施
日本郵船は、全国の小中学校や商船系学校の学生に、海事思想の普及と外航船員の魅力を伝えるための「郵船みらいプロジェクト」をスタートした。

世界の外航海運業界で船員需要が高まっているが、国内では若年層に船員という職業が認知されていないことから、人手不足が懸念されている。

同社では、将来なりたい職業の一つに船員の名前が挙げられるよう、プロジェクトを通じて船を身近に感じてもらう機会を提供する。

プロジェクトでは、商船系学生に同社が発注した船舶の建造見学を実施するほか、小中学校で同社海技者による出前授業、小中学生、一般市民向け体験乗船のサポート、中学生向け学校説明会などでの海運業界紹介、同社運航船への商船系学校教員乗船受け入れなどを実施する。

日本郵船は、次代を担う小中学生や商船系学生が、海運業界や船に興味を持つことで、船員や船会社を志す学生が一人でも多く増えるよう、プロジェクトの充実を図っていく方針。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集