【デトロイトモーターショー15】アルファロメオ 4C スパイダー、市販版を初公開

自動車 ニューモデル 新型車

アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
  • アルファロメオ 4C スパイダーの市販モデル
イタリアのアルファロメオは2015年1月12日(日本時間1月12日夜)、米国で開幕するデトロイトモーターショー15において、アルファロメオ『4Cスパイダー』の市販モデルを初公開する。ひと足先に、公式画像を入手した。

アルファロメオは2014年3月、ジュネーブモーターショー14に、4Cスパイダーの「デザインプレビュー」を出品。同車は、アルファロメオの新しい小型2シーターミッドシップスポーツカー、『4C』に加わるオープンバージョンを示唆したコンセプトカー。ルーフは、コンベンショナルなソフトトップ。これは、クーペ版では895kgという4Cの超軽量ボディに、オープン化に伴う重量増を抑えるための選択。アルファロメオによると、クーペの4Cからの重量増は、およそ60kgに抑えられるという。

イタリアのアルファロメオ・スタイル・センターが手がけたオープンボディは、クーペと異なる部分がある。具体的には、ヘッドライトとアルミホイールが新デザイン。オープンカーに不可欠なロールオーバーバーは、カーボンファイバー製とした。

デトロイトモーターショー15では、アルファロメオ4Cスパイダーの市販版が、ワールドプレミア。コンセプトカーに対して、細部のデザインを手直し。クーペの4Cとは異なり、ボディサイド後方に、エアインテークが装備される。また、オプションで、ハードトップを設定。米国市場では2015年夏、発売される予定。

4Cスパイダーも、クーペ同様、小型軽量なミッドシップスポーツカー。排気量1750ccの直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最大出力237hp、最大トルク35.7kgmを発生する。トランスミッションは、TCTと呼ばれるデュアルクラッチ。0-96km/h加速は4.1秒の性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集