【東京オートサロン15】SUPER GTやスーパーフォーミュラなどレース車両も各ブースに多数展示

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

スバルBRZ
  • スバルBRZ
  • Lenovo TEAM IMPUL SF14(手前)、カルソニックIMPUL GT-R(奥)
  • GAINER DIXCEL SLS
  • RAYBRIG HSV-010
  • ロータスEVORA
  • S Road MOLA GT-R
  • MOTUL AUTECH GT-R
  • TEAM無限 SF14
9日から開幕している東京オートサロン2015。会場となっている幕張メッセではカスタムカーだけではなく、国内最高峰のレースに参戦しているSUPER GTのマシンなどが展示されている。

日産ブースには昨年のGT500チャンピオンマシンであるNo.23 「MOTUL AUTECH GT-R」がトロフィーとともに展示されている。

ホンダブースでは今季活躍した2台が登場。スーパーフォーミュラは山本尚貴が乗ったTEAM無限のマシン、隣には第4戦SUGOで3位表彰台を獲得したNo.17「KEIHIN NSX CONCEPT-GT」が展示されている

メルセデスブースには昨年GT300クラスでNo.11「GAINER DIXCEL SLS」が展示中だ。

ホシノインパルブースには星野一義氏が率いるTEAM IMPULのNo.12「カルソニックIMPUL GT-R」が展示。さらにスーパーフォーミュラに参戦しているNo.19「Lenovo TEAM IMPUL」の『SF14』も展示されている。どちらも最終戦までチャンピオン争いに絡んだマシンたちだ。

またタイヤやホイールをはじめパーツメーカーにも展示されており、BBSホイールブースにはNo.46「S Road MOLA GT-R」、エクセディブースにはNo.1「ZENT CERUMO RC F」、富士スピードウェイブースにはNo.39「DENSO KOBELCO SARD RC F」がガレージまで再現した状態で展示。RAYBRIGブースには2013年モデルの「RAYBRIG HSV-010」も展示されている。

この他にも各ブースには多くのレーシングカーが展示されており、カスタムカーファンだけではなくモータースポーツファンも見逃せないブースが数多くある。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集