昭和電工、リチウムイオン電池を小型化できるアルミラミネートフィルムを開発

エコカー EV

昭和電工パッケージングが開発したタブリードレスリチウムイオン電池
  • 昭和電工パッケージングが開発したタブリードレスリチウムイオン電池
  • 従来のリチウムイオン電池
昭和電工の子会社、昭和電工パッケージングがラミネート型リチウムイオン電池(LIB)包材である「アルミラミネートフィルム」に導電性を持たせることで小型・軽量化したLIBを開発したと発表した。

ラミネート型LIBは、集電体に集められた電気を外部に送り出す端子(タブリード)を正負極に溶着し、充放電する。今回、昭和電工パッケージングは、ラミフィルム自体に正負極構造を持たせ、充放電させることに成功した。

タブリードの溶着が不要となるため、ラミネート型LIBを小型・軽量化できるのに加え、従来のラミネート型LIBの課題だったタブリード周辺からの電解液漏れを防止できる。放熱性も向上することから、自動車向けなどの大型LIBへの応用を見込んでいる。

昭和電工パッケージングが開発したラミフィルムは、1月14日から1月16日に東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド2015」内、「ネプコンジャパン2015電子部品・材料EXPO」で紹介する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集