【CES15】これは未来…履くだけで時速19kmで移動できる、電動「ロケットスケーター」

モーターサイクル エンタメ・イベント

RocketSkates(c)Getty  Images
  • RocketSkates(c)Getty  Images
9日までラスベガスで開催されているCES15。さまざまなウェアラブルデバイスのなかでも、アクティブなガジェットがRocketSkatesだ。

このRocketSkates、興味深いのは靴の上から装着できること。この点は、普及に向けて大きな利点となる。というのも、日本では屋内で靴を脱ぐ習慣があるが、海外では靴を履いている時間が長い。そして、日本のようにコンパクトにまとまっておらず、地理的なスペースが大きい。

セグウェイのような車輪つきの「乗り物」を活用し、移動の効率化を図る向きもあるが、RocketSkatesを採用することで、コンパクトかつ、手軽に移動の効率化を図ることができる。

RocketSkatesは、リチウムイオン電池を搭載し、12マイル/h(時速19.2キロ)の速度が出るという。

【CES15】靴の上から装着する「ロケットスケーター」時速19キロで移動可能

《編集部@CycleStyle》

特集