クルマと自転車の接触事故、最も多いのは「交差点での出会い頭」

快適な自転車ライフも一度の交通事故でだいなしになってしまう。高価な自転車が傷つくばかりか、もうサイクリングを楽しめないようなケガを負うこともある。自転車事故のデータを分析すると、事故には特徴があるので紹介しよう。

自動車 社会 社会
快適な自転車ライフも一度の交通事故でだいなしになってしまう。高価な自転車が傷つくばかりか、もうサイクリングを楽しめないようなケガを負うこともある。自転車事故のデータを分析すると、事故には特徴があるので紹介しよう。

クルマとの接触事故は交差点での出会い頭が最も多い。自転車に乗る側が一時停止をしなかったケースも多いので、「止まれ」の標識があったら停車して、前後を十分に確認する。優先道路を走っているときも、交差点ではいつでも停車できるスピードで進入すること。

狭い道から大きな通りに合流するときは周囲を確認するために一時停止する。車の接近を聴覚だけで判断する人も多いが、音を立てないで走ってくるスポーツバイクと激突するケースもある。

背後から迫ってくるクルマを視覚的にもキャッチするために、イヤホンで音楽を聴くことやケータイ操作は厳禁。自転車のスピードが想像以上に高いことも認識し、歩行者とすれ違うときは減速する習慣をつけたい。

【なくせ!自転車事故】クルマとの接触事故は交差点での出会い頭が最も多い

《編集部@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

  • あらためて言う「自転車は軽車両」…お酒を飲んで乗れば飲酒運転 画像 あらためて言う「自転車は軽車両」…お酒を飲んで乗れば飲酒運転
  • 親として忘れてはならないこと…子どもの自転車の定期点検 画像 親として忘れてはならないこと…子どもの自転車の定期点検
  • 走行中の自転車をひき逃げ、19歳の少年を逮捕 画像 走行中の自転車をひき逃げ、19歳の少年を逮捕
  • ブリヂストンの通学自転車に傷害保険を無料付与…チューリッヒ保険 画像 ブリヂストンの通学自転車に傷害保険を無料付与…チューリッヒ保険

特集