眼鏡をウェアラブル端末に…ソニーが片眼用ディスプレイモジュール開発

エンターテインメント 話題
アイウェア装着時のイメージ
  • アイウェア装着時のイメージ
  • 片眼用ディスプレイモジュール(開発品)

 ソニーは17日、高画質な有機ELを用いた小型で軽量の片眼用ディスプレイモジュールを開発したことを発表した。

 今回発表されたモジュールは、10.2mm×7.9mmという超小型高精細のカラー有機ELディスプレイのほか、超小型光学ユニット、スマートフォン相当の処理能力を持つ高密度実装技術によって小型化した制御基板を搭載することで、眼鏡やサングラス、ゴーグルなどアイウェアに装着できる小型・軽量化を実現している。

 アイウェアへの装着により、画像情報が表示できるウェアラブル端末として利用が可能。日常生活のみならず、スポーツや業務での作業を支援する、視界を妨げないサブウィンドウとして活用ができる。

 なお、ソニーは2015年内にこのモジュールの量産開始を目指しているという。

眼鏡をウェアラブル端末に!ソニーが片眼用ディスプレイモジュール開発

《編集部@RBB TODAY》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集