近鉄、内部・八王子線の経営移管までフリー切符発売

鉄道 企業動向
「内部・八王子線1dayフリーきっぷ」のデザイン(表面)。発売当日に限り内部・八王子線が自由に乗り降りできる。
  • 「内部・八王子線1dayフリーきっぷ」のデザイン(表面)。発売当日に限り内部・八王子線が自由に乗り降りできる。
  • 「内部・八王子線1dayフリーきっぷ」のデザイン(中面)。沿線の観光スポットの案内が記載されている。
近畿日本鉄道(近鉄)は12月10日から、三重県四日市市内の内部・八王子線が利用できるフリー切符「内部・八王子線1dayフリーきっぷ」を発売する。

内部・八王子線は、近鉄四日市~日永~内部間5.7kmの内部線と、日永~西日野間1.3kmを結ぶ八王子線の総称。2本のレール幅(軌間)はJR在来線などより狭い762mmを採用しており、全国的にも貴重な存在となっている。

利用者の減少に伴う経営の悪化を受け、2015年春頃に公有民営の上下分離経営に移行する予定。四日市市が内部・八王子線の施設を保有し、近鉄と四日市市が設立した四日市あすなろう鉄道が列車を運行する。

「内部・八王子線1dayフリーきっぷ」は、発売当日に限り内部・八王子線が自由に乗り降りできる。発売額は大人500円・子供250円。発売期間は12月10日から「四日市あすなろう鉄道株式会社へ運営を移行する前日」までとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 内部・八王子線の運営会社「あすなろう鉄道」設立 画像 内部・八王子線の運営会社「あすなろう鉄道」設立
  • 近鉄と四日市市、内部・八王子線の公有民営化で合意…2015年春移行へ 画像 近鉄と四日市市、内部・八王子線の公有民営化で合意…2015年春移行へ
  • 近鉄と四日市市、内部・八王子線の交渉期間を延長…「公有民営」で合意へ 画像 近鉄と四日市市、内部・八王子線の交渉期間を延長…「公有民営」で合意へ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース