ひたちなか海浜鉄道、2015年元旦に初日の出特別列車を運行

鉄道 企業動向
ひたちなか海浜鉄道(茨城県ひたちなか市)は2015年1月1日、勝田5時30分発~阿字ヶ浦5時57分着の定期列車を特別列車『初日の出・初詣列車~急行あじがうら号2015~』として運行する。

阿字ヶ浦駅に到着後、市民団体「おらが湊鐵道応援団」が堀出神社と酒列磯前神社、磯埼灯台下まで案内。携帯カイロや干しいも、ホテルニュー白亜紀の無料入湯券、甘酒などを先着300人にプレゼントする。列車は3両編成で、このうち1両は全席指定席(定員50人)。乗車に際しては指定席券(420円)が必要になる。指定席券は12月7日9時から那珂湊駅で電話予約を受け付ける。

このほか、勝田6時06分発~那珂湊6時21分着の定期列車も『快速なかみなと号』として運転。那珂湊駅に到着後は応援団が湊公園、天満宮、橿原神宮、四郎介稲荷神社まで案内する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集