防衛省、英国国防省と空対空ミサイルの共同研究で合意

航空 行政
防衛省と英国国防省は、新たな空対空ミサイルの実現可能性について日英が共同研究することで合意したと発表した。

共同研究は、英国のミサイル関連技術に、日本のシーカー技術を組み合わせた場合のミサイルの誘導性能などについてシミュレーションを通じて分析する。これによって将来の共同事業の実現可能性を検討するための材料とする。

共同研究の実施に必要な、日本から英国へのシーカーに関する技術情報の移転については、今年7月17日、国家安全保障会議で海外移転を認め得る案件に該当することを確認したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 防衛省、オスプレイの機体整備向けに木更津駐屯地の格納庫を開放 画像 防衛省、オスプレイの機体整備向けに木更津駐屯地の格納庫を開放
  • 自衛隊スクランブル回数がほぼ倍増、ロシア機が急増…2014年上半期 画像 自衛隊スクランブル回数がほぼ倍増、ロシア機が急増…2014年上半期
  • 防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式を百里基地周辺で実施…航空機80機が集結 画像 防衛省・自衛隊60周年記念航空観閲式を百里基地周辺で実施…航空機80機が集結
  • 首都高 市川PA、7月1日リニューアルオープン 自衛隊グッズコーナーも用意 画像 首都高 市川PA、7月1日リニューアルオープン 自衛隊グッズコーナーも用意

特集

おすすめのニュース