上信電鉄、12月22日にダイヤ改正…新駅「佐野のわたし」開業

鉄道 企業動向
佐野のわたし駅のイメージ。12月22日に開業することが決まった。
  • 佐野のわたし駅のイメージ。12月22日に開業することが決まった。
  • 佐野のわたし駅の位置。駅名は駅の近くを流れる烏川でかつて運航されていた渡し船にちなんでいる。
上信電鉄はこのほど、佐野のわたし駅(群馬県高崎市)を12月22日に開業すると発表した。同時にダイヤ改正も実施する。

佐野のわたし駅は、上信線南高崎~根小屋間の新駅。高崎駅からの距離は約2.2km、所要時間は約6分になる。延長45m・幅3mのプラットホームと雨よけシェルター、待合室が設けられるほか、駅前広場に多目的トイレと駐輪場、送迎自動車用ロータリーが設けられる。当初は10月にも開業する予定だったが、約2カ月遅れて開業することになった。

駅の根小屋方には烏川を渡る橋りょうがあり、南高崎方では上越新幹線の高架橋が上信線をまたいでいる。駅名は烏川で運航されていた渡し船にちなんでいるという。開業初日の12月22日は10時から駅前広場で開業式典が行われる。

同駅の開業にあわせてダイヤ改正も行われる。富岡製糸場の見学者が増えていることから運行本数を増やし、現行の上下計62本を66本に変更する。また、終列車の発車時刻を遅く設定して高崎線や新幹線との接続を改善する。このダイヤ改正に伴い、金曜深夜の臨時列車は12月19日、富岡製糸場臨時列車は12月21日の運行をもって終了する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 上信電鉄新駅の名称は「佐野のわたし」…10月開業へ 画像 上信電鉄新駅の名称は「佐野のわたし」…10月開業へ
  • 日比谷線新駅、オリンピックまでに使用開始…最終完成は2022年度 画像 日比谷線新駅、オリンピックまでに使用開始…最終完成は2022年度
  • 山陽線・アストラム交差部新駅、名称は「新白島」に 画像 山陽線・アストラム交差部新駅、名称は「新白島」に
  • JR西日本、山陽本線西条~八本松間に新駅設置へ 画像 JR西日本、山陽本線西条~八本松間に新駅設置へ

特集

おすすめのニュース