ゼンリンデータコム子会社、インバウンド向け多言語コンシェルジュサービスを開始

自動車 ビジネス 企業動向
インバウンド向け多言語コンシェルジュサービス・スマートコム
  • インバウンド向け多言語コンシェルジュサービス・スマートコム
  • インバウンド向け多言語コンシェルジュサービス・スマートコム
ゼンリンデータコムの子会社でデジタルサイネージ事業を手掛けるウィルスマートは、地図と多言語コールセンター連動型のインバウンド向け多言語コンシェルジュサービス「スマートコム」の提供を開始した。

同サービスは、ゼンリンデータコムの地図ナビゲーションシステムと、ブリックスの運営する多言語コールセンターを合わせた、コンテンツと専用ハードウェア(電話付きタッチパネル式端末)が一体となった観光業界初の新サービスだ。

インバウンドをメインとした同サービスは、観光地や駅に設置することで、多言語での観光地や商業施設等への案内を実現。観光地の回遊性の向上に貢献する。

対応予定言語は、日本語・英語・中国語・韓国語。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • ナビタイム、上海向け乗換案内サービスの提供開始 画像 ナビタイム、上海向け乗換案内サービスの提供開始
  • JTB、マレーシアなどで事業展開する旅行会社を買収 画像 JTB、マレーシアなどで事業展開する旅行会社を買収
  • ルフトハンザ航空、エアバス A380 のデリー就航を発表 画像 ルフトハンザ航空、エアバス A380 のデリー就航を発表
  • ナビタイムの海外向け乗換案内サービス、多言語表示に対応 画像 ナビタイムの海外向け乗換案内サービス、多言語表示に対応

特集